レイプ体験談告白・レイプ小説

レイプされた女性の体験談、レイプした男性の体験談などの告白や、レイプ小説を紹介しています。これらはすべてフィクションです。

おじさんにレイプされた小学生の私

出会い系で最近であった美人の画像
それは、小学4年生の冬の日でした。
私は近所の公園でひとりで遊んでいると、全く知らないおじさん(50歳くらいに見えました)が私に「寒いねえ。一人で遊んでるの?」と話しかけてきたんです。
優しそうなおじさんだったので、色々お話をしていました。
しばらくすると、そのおじさんは「だっこしてあげるよ」と言ったのですが、すっかり気を許していたのでそうしてもらうことにしました。
おじさんの膝の上に座るとおじさんは私のももの内側を盛んになでるのでちょっと変だなあとは思いましたがそのままでいました(その時私は丈の短いキュロットでした 。
そして、おじさんは「ねえ、ブルマーはいてる?」とたずねてきました。

そのときはパンツだけだったのでそう言うと、「パンツだけじゃ風邪引いちゃうよ。
おじさんが風邪引いてないか調べてあげる」などと言い、なんと、キュロットの中に手を滑り込ませてパンツの中に手を入れてきたのです。
その頃の私は他人に大事な部分をさわらせるのがいけないことなんて知りませんでした。
今思うとすごく情けないですが、そのまま触らせていました。
おじさんはまずクリトリスを軽く触ってスーッと割れ目をなでてから膣の辺をこするように撫でました。
私もさすがに変だと思って立ち上がろうとしたのですが、おじさんは「まだ調べきってない」といい、すごい力で私を押さえつけ、また触り始めました。
今度はクリトリスをこすったり挟んだりしつこく触りました。
そして割れ目を上下させながら何度も何度もこすりました。
膣も同じようにされました。
しばらくすると、おじさんは指をパンツから取り出し、鼻息を荒くしながらクンクンにおいを嗅ぎました。
そして「おじさんちはちょっと歩いたところにあるんだけど、おいしいお菓子がたくさんあるから一緒に来なよ」と言うので、またも馬鹿な私はお菓子につられてまんまとついていってしまったのです。
おじさんの家には誰もいませんでした。
たぶん一人暮らしだったと思います。
家に上がるときに靴下が汚いから脱げって言うのは分かりますが、靴下と一緒になぜかパンツも脱ぐように言われました。
一瞬訳が分からずとまどっていると、おじさんはスルスルとキュロットを脱がせあっと言う間にパンツもおろしました。
とりあえずそのまま居間らしき部屋にあがってソファに座っていたのですが、おじさんが私の前に来てドカッと座って、なんと私の脚をつかみ左右に大きく開かせたのです。
もうそのときは何がなんだか分かんなくて何をしゃべったか覚えていませんが、しばらく触ってから、大事な場所を舐められてしまいました。
初めは嫌がっていたと思いますが、すごく気持ちよかったのを覚えています。
それからおじさんは私を抱きかかえ、寝室までつれていきました。
服を全部脱がされて布団の上に寝かされました。
そして胸をもんだり吸ったりされました。
もまれたときは痛かったけれど、吸われているときは気持ちよかったです。
そしてまた脚を広げられ舐められたのですが、もしかすると、濡れていたのかもしれません。
初潮はまだありませんでしたが、胸なんかも割と発達していました。
ませていたのかもしれません・・・。
一通りのことを終えると、おじさんは自分もズボンを脱ぎましたが、見たこともないくらいペニスがふくらんでいたのでびっくりしたのを覚えています。
そして私の脚を広げて「力を抜いて」と盛んに言いながら、ゆっくりと入れてきたのです。
おじさんが上手かったからかどうか分かりませんが、そんなに痛くはなかったような気がします。
結構気持ちよかったんじゃないかと思います。
ただ、おじさんが腰を前後にものすごく激しく振るので、なんかすごいなあと思った記憶はあります。
終わってからおじさんは「このことは誰にも言っちゃダメだよ。
お母さんにもお父さんにも内緒だよ。
」と言ってお菓子を買うように300円をくれました。
私はどういうことなのかよく理解できなかったけれど、絶対親に言ってはいけないことだというのは何となくわかりました。
それから私は次の年の春には初潮が来ました。
友だちの中でも早い方でした。
この頃からそのおじさんとのことを思い出してはオナニーをするようになりました。
性的なことにすごい関心を持つようになってしまったのです。
暇があればいやらしいことを考えてはあそこを濡らすようになってしまったのです。
今私は19歳で、いろんな人とたくさんのエッチを経験しましたが、あの小学生の時の経験ほど興奮するようなエッチはしたことがありません。
あのおじさんは何も知らない少女にいたずらをしたのだから普通に考えれば絶対に許されないことですが、私は恨む気にはなれません。
今でも思い出してはオナニーするくらいですから。
この経験のことはまだ誰にも話してません。
[ 2015/07/27 14:15 ] 小学生 レイプ | TB(-) | CM(-)

ピアノのレッスンだと騙されて

出会い系で最近であった美人の画像
私は子供の頃からピアニストになるのが夢でした。

4歳の頃からピアノを習い始め、自分は将来ピアニストに絶対なるんだと思っていたんですが

あれは私が小学生の時の出来事です。

両親は共働きで人で留守番することが多かったんです。

そして夏休み、私はいつものようにピアノのレッスンに励んでいました。

レッスンが終わり、一人でピアノを弾いていたら家のチャイムが鳴りました。

私は、玄関へ行ってドアを開けました。

外にはお父さんよりちょっと年上の男の人が立っていました。

男の人は

「お家の人はいるかな」

私は

「いないです、夜まで帰ってこないんですけど」

と会話をして、男の人は帰ると思っていたけど

「ピアノ弾いてたよね、俺が教えてあげようか』」

と言われたので迷っていると

「俺も小さい頃からやっててさ、さっき弾いてたのも得意なんだよ」

と言うので、コンクールも近いし、先生は週に一度しか来てもらえなかったので教えてもらうことにしました。

私は見知らぬ男の人を家に入れて、ピアノがある部屋に案内しました。

「この部屋暑くない」

と言いながら男の人は服を脱ぎはじめました。

私は

「クーラー付けますよ」

と言って付けようとしたけど、

「クーラー嫌いだからさ」

とまた脱ぎはじめました。

結局、男の人は上半身裸に下は下着のみになっていました。

私はどうしていいかわからず、とりあえずピアノを弾こうと椅子に座りました。

男の人は私の背後に立って、抱きついてきました。

私は何がなんだかわからなくて

「どうしたのピアノ教えてくれるんでしょ」

と言うって抵抗しました。

でも、男の人は離してくれなくて

「ピアノが上手になる練習するんだよ」

と私のスカートに手を入れてきました。

私はずっとピアノしかしてこなかったので、性に対する知識が疎くて、何でパンツを脱がされてるのかがわからず、ただ恥ずかしがるだけでした。

男の人は

「痛いかもしれないけど、声出したりしないで我慢してね。じゃないと、ピアノが上手くならないから」

私は男の人を信じて、痛いのを我慢して男の人が私の口に何かを入れて、言われた通りに飲みました。

まずくて吐きだしたかったけど、

「これを飲むとピアノが上手くなるから」

と言われたので言われた通りにしました。

男の人は週一回ぐらいのペースでピアノが上手くなるようにと来てくれていました。

それが夏休みが終わるまで続き、学校が始まってからは全く来てくれませんでした。

二学期になって少ししてから、友達が

「彼氏とやった」

とか言うので、

「何をしたの」

と詳しく聞いてると私が夏休み中、経験したことと似てると思いました。

「最初痛くて、血が出てさ。でも、何回かやって気持ちよくなってきたんだ。何か精子って白いんだよね。飲んでって言われて飲んだけど、おいしくないし。」

私は聞いていて、知らない人に騙され、悪戯され、そして処女を奪われ、犯されていた事を知りました

とてもショックで、一週間は休み、親にピアノはやりたくないと言って処分してもらいました。

ピアノのコンクールの事で必死になりすぎて簡単に騙されてしまった私

ピアノを見ると、今でも無知で馬鹿だった当時の私を思い出し、苦々しい思いになります。

私のトラウマです。
[ 2015/02/15 22:15 ] 小学生 レイプ | TB(-) | CM(-)
全記事表示リンク