レイプ体験談告白・レイプ小説

レイプされた女性の体験談、レイプした男性の体験談などの告白や、レイプ小説を紹介しています。これらはすべてフィクションです。

本当はエロい赤ずきんちゃん

出会い系で最近であった美人の画像
むかしむかし、あるところに赤ずきんという女の子がいた。
 赤ずきんは礼儀正しく、優しく、誰からも愛される女の子だった。
 ある日、赤ずきんは母親に頼まれて森を抜けたところにあるお婆さんの家に
 お見舞いに行くことになった。
 母親は赤ずきんにこう言った。
 「外に出たら誰も信用してはいけませんよ」
 赤ずきんは元気な声で「わかったわ」と言った。

 赤ずきんが鼻唄を歌いながら、森を進んでいると
 一匹の狼が寝転がっているのに出会った。
 「狼さん、そんなところで何をしているの?」
 赤ずきんが尋ねると、何年も体を洗っていないような不潔な臭いとともに狼が答えた。
 「何もすることがないから、こうして昼寝をしているのさ。
  お嬢さんはどちらへ?」
 赤ずきんは答えた。
 「森の奥にお婆さんが一人で暮らしているの。
  私はこれからお婆さんの家にお見舞いに行くのよ」
 狼はニヤリと笑った。
 「へえー、それは心配だなあ。おれもお見舞いに行くことにするよ。
  地図はあるのかい?」
 赤ずきんは母親にもらった地図を狼に渡した。
 「ここがお婆さんの家よ」
 狼はうなづくと「ありがとう、お嬢さん」と笑って去って行った。

 狼は急いでお婆さんの家に向かった。
 地図を見ていたので場所はすぐにわかった。
 「お婆さん、お見舞いにきましたよ」
 狼がそう言うと、お婆さんはドアを開けた。
 「よく来たねえ、赤ずき…ギャッ!!」
 狼はさっとお婆さんの家に入ると、そのナイフのように尖った牙でお婆さんの体に噛みついた。
 お婆さんの息の根が止まると、狼はお婆さんの家の中から金目の物を探した。
 「グッフッフ、これでまた食事に困らねえ」
 狼がその場を離れようとすると、家のドアが開いた。
 「お婆さん、お見舞いに来ました。えっ・・・!」
 そこにいたのは先刻森の中であった少女であった。

 狼は赤ずきんを家の中に連れ込むと、ドアを閉めた。
 赤ずきんは恐怖で声も上げることもできなかった。
 「……残念だがお嬢ちゃんをこのまま帰すわけにはいかねえんだ」
 狼は低い声でそう言った。
 「おっお願いします!私だれにも…だれにもっ言いませんからっ!!」
 赤ずきんは涙を流しながら精いっぱいの声で懇願した。
 「へえー、じゃあ俺の言うことをなんでも聞くかい??」
 狼は自らの下半身に血液が充満していくのがわかった。
 「なんでも!!なんでもします!!だから命だけは!!」
 狼はニヤリと笑った。

 「じゃあ服を脱げよ」

 「…えっ」
 赤ずきんは固まってしまった。自分の裸など男性にはまだ見せたことがなかった。

 「嫌ならぶっ殺すぞ!!あぁーん!?」
 狼が大声をあげて赤ずきんの頬を思いっきり殴った。
 赤ずきんは観念したように服を一枚ずつ脱いだ。
 ----殺されるよりはマシだ。
 その言葉が赤ずきんの頭をループしていた。

 狼は赤ずきんに近づくと後ろ手に縛り、お婆さんの使っていたベットに押し倒した。
 赤ずきんが泣き叫ぶと、何度も何度も執拗に顔を殴った。
 そのうち赤ずきんの顔は、大きくはれ上がってしまった。
 赤ずきんは、黙って従っていれば家に帰れると信じて男の行為をギュッと目を閉じて耐えていた。
 狼は赤ずきんのまだ小さな胸を揉み、乳首を吸ったり噛んだりしました。
 狼は興奮した声で「気持ちいいんだろ?なあ?」と何度も聞くので、赤ずきんは黙って首を縦に振り続けた。
 すると、狼は赤ずきんの足を持って、今度はその小さなクリトリスを舐め回した。
 嫌だと思う気持ちと裏腹に、秘部が濡れてきているのがわかった。
 狼は自分も裸になるとその太く長いおぞましいものを無理やり赤ずきんの中にねじ込んだ。
 メリメリメリッ!狼の巨根が赤ずきんの小さな穴を強引に貫く。
 「ぐうううううう」
 赤ずきんがうめくと、狼は嬉しそうに赤ずきんの顔を殴った。
 「これでお前も女になった!女になったのだ!グフフフフフ!!」
 流れ出た赤い血でベッドは真っ赤に染まった。

 赤ずきんの中はとても窮屈だった。締め付けるような肉厚とヌルヌルした感触。
 長い間女と交わっていなかった狼には極上のステーキよりも魅力的だった。
 すぐに狼が赤ずきんの中で果てても、何度も何度も赤ずきんの中を往復した。
 赤ずきんは何度も心の中で、殺されるよりはマシだ!我慢しよう!と必死に耐えた。

 数日後、ウサギを飼っていた狩人が一杯の水を飲もうと森の家に立ち寄ると
 そこには体を切り刻まれた老婆の死体と、少女の死体があった。
 少女の死体の頭はずきんで隠されており、ずきんをめくると腐乱した顔面があった。
 また少女は全裸で、その足の間には木材のようなものが詰め込まれていた。
 勇敢な狩人も気分が悪くなり、その場で吐いてしまったという。
[ 2015/01/23 11:47 ] 小学生 レイプ | TB(-) | CM(-)

小学生の頃、叔父にレイプされた体験

出会い系で最近であった美人の画像
私には両親にも彼にも言えない秘密があります。

私が10歳の時でした。

パパのお父さん(爺ちゃん)が突然の事故で亡くなったんです。

爺ちゃんの家は、旧家で大地主。

専業農家だった事もあり、後継ぎ話で揉めていました。

パパには8歳下の弟(叔父)がいたんですが、高校に入ると間もなく引きこもりになり、今でも部屋から出て来る事が無いと言います。

この叔父は、中学まで成績優秀で将来を期待されていたらしいんですが、進学校に入り2年生になると同時くらいに引きこもりが始まった様でした。

(原因は不明らしいです)

こんな状況ですから、パパが実家に入る以外の選択肢は無かったんだと思います。

パパも会社で課長まで出世した事もあり、農家は諦めて大半を親戚に頼む事になったんです。

家族3人で婆ちゃん家に引っ越し、新しい生活が始まりました。

パパは普段は会社員で、ママは看護師。

婆ちゃんも普段は田畑に出掛け、家に居るのは私と部屋から出て来る事のない叔父だけでした。

ある日、私が学校も休みで家に居る時でした。

突然叔父(25歳)が部屋から出て来たんです。

(まぁトイレ・風呂・食事など見かける事はあるんですけど)

叔父は私を見るなり

「休みか?」

と話しかけて来たんです。

「うん」

「1人か?」

「うん」

その言葉を発すると、叔父は急に私の手を取って部屋の中へ押し込まれたんです。

「何するの?痛いよ」

「良い事教えて上げるから」

そう言うと同時に、私は叔父にキスをされたんです。

まだ良く状況を理解できない私は、叔父に抵抗する事すら出来なかったんです。

叔父は私の服を脱がせ始めると

「検査してあげるから」

と言うのです。

「叔父さん医者だから大丈夫だよ」

「うそっ!」

「本当だよ、だから早く脱いで」

叔父に騙される様に私は全裸にされ、ベットの上に横にされたんです。

そして叔父は、私の身体をペンライトで照らしながら手で体中を弄り始めたんです。

「ここ汚れているから綺麗にしないと」

とマンコを指差したんです。

何を言っているのか理解できないまま、叔父は私のマンコをペロペロ舐め始め、遂には穴の中に指を押し込んできました。

初めての経験に驚きながらも、何だか気持ち良い事に気づいたんです。

叔父は、何度も何度も私のマンコを舐め続けていました。

すると

「今度は麻美ちゃんの番だよ」

と言い叔父はジャージズボンを脱ぎだしたんです。

パパ以外のチンチンを見るのは初めてで、しかも凄く大きかったんです。

(当時は凄く感じました)

叔父に言われるまま、私は叔父のチンチンをペロペロ舐め、終いには玉袋やお尻の穴まで舐めたんです。

叔父は毎日風呂に入らないので、匂いがキツく感じたのを覚えています。

何分舐めたでしょう?

叔父が私をベットに寝かせると、遂にマンコに入れられたんです。

まだ幼い私のアソコ、しかも処女を叔父に破られてしまったんです。


痛い思い出しかありません。


叔父は何度も出し入れを繰り返し、私の体内に精液を出していました。

まだ良く理解出来ない私はそのまま泣いたのを覚えています。

叔父がそんな私を風呂に連れて行き、流してくれた後

「誰にも内緒だよ。後で何か買ってあげる」

と言うのです。

その日から叔父は、私におやつをくれたり欲しい物をくれる様になりました。

それと同時に、私は度々叔父の部屋に連れ込まれ犯される様になったんです。

こんな関係を両親や婆ちゃんに言える筈もありません。

叔父の行為もエスカレートし、椅子に縛られ道具で弄ばれたりお尻に浣腸を入れられ、大量の排泄物を叔父の前で出させられたりと、益々家族には言えない関係になって行ったんです。

中学に入る頃には色んな事を知り、私がされていた事は近親相姦だという事も分かってショックを覚えましたが、叔父の手から逃げる事が出来なかったんです。

そうして今、私は20歳になりました。

叔父との関係も続いているんです。

もう直ぐ私は結婚します。

これで叔父との関係も終わる事を望んでいましたが、先日彼を家に連れて来た時に私は、虚しくも彼の居る1つ屋根の下で、叔父の性処理をさせられました。

しかも、道具を付けられたまま彼の元へ・・・。

何度もスイッチを入れられ私は叔父に弄ばれたんです。

断る事は出来ません。

淫らな写真やビデオが10年分、叔父の部屋に保管されているんですから・・・。

この日、私は叔父から逃げる事が出来ない事を知りました。

彼を裏切り、両親を裏切っている私が結婚してもいいのか悩んでいます。

余談ですが、叔父に10年も使われ拡張されたマンコもアナルもガバガバなのですが、彼は女性経験が無いので私の処女を頂いたと勘違いしています。

叔父は彼より大きく、きっと彼は私のマンコの締め付けを感じていないでしょう。
[ 2015/01/05 11:49 ] 小学生 レイプ | TB(-) | CM(-)
全記事表示リンク